作成者別アーカイブ: 樹源寺 管理人

樹源寺 管理人 について

樹源寺 横浜市保土ヶ谷区の緑あふれる寺院です。 樹源寺の名称はこの大ケヤキに因んで「樹を源とするお寺」と命名されました。 残念ながら現在このけやきはありません。しかし、大けやきの伝統は今も境内の庭園の随所に受け継がれています。樹源寺は四季折々の多くの木々や花々に囲まれ、その山水造りの庭園は厳かな凛とした聖域を醸しだしています。当山に住まうご先祖が安らかであるように、当山を訪れる人々の心が少しでも癒されるように、毎日々丹精が続けられ大けやきの伝統が受け継がれています。

春のお彼岸

本日、春の彼岸会棚経を行いました。

もう春だというのに、大雪です!

 

 

 

 

 

 

「何十年も前から、どんなに雨が降っても、

お彼岸の法要が始まる正午には必ず晴れるのに、

そのジンクスが今日破れてしまったね。」

と悔しそうにお話しされるお客様がいらっしゃいました。

ここ数日の不安定な気候のせいか、

境内の枝垂れ桜も、例年より約2週間も早く

開花しております。

雪と桜の不思議なコラボレーションです!

寒い中、御参詣いただきました皆様、

本当にお疲れ様でございました。

そしてありがとうございました!

 

■■■■■■■■■■■■

樹源寺SNS

facebook @jyugenjitemple

Intergram @jyugenji

■■■■■■■■■■■■

鹿苑第2号

樹源寺 法話箋鹿苑第2号    2016年 秋冬

暑い夏もあっという間に終わり、一気に寒くなってまいりました。樹源寺のお檀家の皆さまにおかれましては、お元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。

さて、既にご報告させていただいたのですが、この度私は、平成28年度日蓮宗大荒行堂という修行に入らせていただくことになりました。期間は100日間ですので、約3ヶ月間樹源寺に不在になるということです。その間、お檀家の皆さまにはご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒宜しくお願い致します。

さて、突然ですが「アリとキリギリス」のお話はご存知でしょうか。

①アリは夏の間、冬に備えてせっせと働き食料を蓄えていた。

②一方、キリギリスは夏の間働きもせず、歌を歌って過ごしていた。

③冬になり食料のないキリギリスはアリに食料を請いに行った。

④すると、アリはキリギリスに、「どうぞ遠慮なく食べ物を食べてください。」と言い、食料を与えた。

⑤キリギリスは、アリの優しさに感動して、改心し、夏の間も真面目に働くようになった。

以上が、皆さまもよく知っている、日本に普及している波多野勤子監修『イソップ物語』(小学館)の概要だと思います。しかし、この物語の結末にはもう1パターンあるそうです。

すなわち、①〜③までは右の通りなのですが、

❹すると、アリはキリギリスに、「君は夏の間歌っていたのだから、冬の間は踊ればいい。」と言って、食料を与えることを断った。

❺キリギリスはアリの言葉に触発されて、「そうだ。自分は夏の間あれだけ楽しんで歌ったのだから、もう悔いはない。アリさんどうか僕の死骸も食料として、生き延びてください。」と言い、死んでいった。

という結末です。④⑤を結末とする物語から読み取れる教訓は、一生懸命働くこと、また、人を思いやることが大事だということでしょう。一方、❹❺を結末とする物語からは、生きとし生けるものにはそれぞれの生き方があり、その生き方の責任はそれぞれにある、という教訓が読み取れるでしょう。

どちらの結末もとても良い教訓であると言えます。しかし、いかにも現実的であると考えられるのは❹と❺を結末とする物語でしょう。仏教の教えに近いのも、❹❺の結末だと言えるでしょう。

仏教徒の目的は成仏することです。成仏するために私たちは人生という修行をしています。その間に、それぞれの人が各々のやりやすい、精神的にも肉体的にも安定を図れる方法を見つけ出すことが肝要であると思います。しかし、その自らがやったことにしっかりと向き合い、それを背負い、責任を取るという但し書きが付随することは否めません。

夏の間歌って過ごしたことを後悔せず、自分らしい生き方だと理解し、アリに迷惑をかけずに、むしろ最終的にはアリの食料となって死んでいったキリギリスのような生き方を、日蓮聖人は「法華の修行」とおっしゃったのだと思います。

もっとも、④⑤を結末とする物語を教訓とするか、❹❺を結末とする物語を教訓とするかは、私たちそれぞれの生き方に即さなければならないことは、言うまでもありません。

樹源寺のお檀家の皆さまの安泰、ますますのご活躍をお祈りして、ご挨拶とさせていただきます。

我此土安穏 天人常充満

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日蓮宗妙秀山樹源寺 副住職 日比宣仁 慈翔院日仁

 

梅が見頃です。

お庭の梅がそろそろ見頃です。

今年の冬は寒い日が続きましたが、

3月に入り、少しずつ春らしくなって参りました。

今日もお散歩が気持ちの良い気候です。

ぜひ、樹源寺へ遊びにいらしてください!

 

■■■3月の行事のおしらせ■■■■

今月の彼岸会棚経は、例年通り、

彼岸中日(3月21日)12:00より行います。

駐車場の数に限りがございますので、

大変恐縮ではございますが、

公共交通機関を利用してご参詣くださいませ。

梅の花が開花しました。

お庭の梅の花が開花しております。

お散歩にいらした方に教えていただいたのですが、

お花の写真は、逆光で撮ると格好よく撮れるそうです!

確かに!格好よく撮れました。

ぜひ、お写真を撮りに樹源寺へお越しください。

番犬クロもお待ちしております。

第1回 源龍大善神御祈祷会

本日2月11日に、樹源寺本堂に於いて、

記念すべき第1回目の源龍大善神御祈祷会・動物供養会を行いました。


(源龍大善神とは、かつて当山境内にあった大欅の守護神で、

その正体は大きな白蛇だったと伝えられています。

こちらの写真のついたては、

その大欅の一部で作られています。)


この御祈祷会は、白蛇である、源龍大善神さまを動物の代表とし、

そのご神格にあやかって、

亡くなったペット・動物たちに感謝の気持ちを捧げます。

本日は、愛犬15霊位、愛猫19霊位、愛鼠(ハムスター)8霊位、

当山境内の池の鯉、

そして、殺処分・虐待・実験・そして闘犬として

命を落としてしまった動物たちをご供養いたしました。

本日ご参詣いただきました皆様、お疲れ様でございました。

そしてありがとうございました。


まだ供養がなされていないペット、

心残りになっている動物がおありの方は、

いつでもご相談ください。

樹源寺電話番号 045-741-2730

 

樹源寺の雪景色②

ふかふかの雪が積もりました。

お墓も一面真っ白です。

樹源寺の番犬クロも、雪に興味津々!

副住職は、今日も水行を行いました。

今朝の気温はマイナス2度でしたが、

お昼には11度まで上がり、

境内の雪はあっという間に溶けてしまいました。

束の間の、雪化粧でした。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

本年度もよろしくお願いいたします!

本年度の行事スケジュールは下記の通りでございます。

 


源龍大善神祈祷会(ペット供養会)2月11日 14:00

彼岸会棚経位牌供養 3月21日 正午

お盆棚経位牌供養  7月13日 16:00

お盆棚経位牌供養  8月13日 16:00

施餓鬼会卒塔婆供養 8月16日 14:00

彼岸棚経位牌供養  9月23日 正午

お会式      10月16日 14:00


寒い日が続きます。

お風邪など召されぬよう、ご自愛ください。